メンズのFree size。

デザイン、型紙、生地、色、を熟考した末の結果。

出た答えがお客様に新鮮な風を送る事が出来ました。

  


生地はコリーナの代表格〈麻〉を使用。

その麻にインディゴ染めをほどこしさらに墨染めでさらに深い青色を表現。

着用して行くたびにインディゴ染めとはまた違う墨染め特有の経年変化を楽しめる。




brand/colina

product/pullover shirt

fabric/linen

color/indigo-dye

size/men's Free

price/22000+tax


着用した時の股上(またがみ)の深さが実はポイント。

ここからバランスの良さが始まります。


ワイドパンツ、イコール太めでしょ?と。

言われてみるとそうなんですけれども、膝から裾にかけてのラインが次のポイント。

シルエットのお話はここまで。


裾の長さは久しぶりにフルレングス。

このあたりも「次」のスタイルを予感させております。


生地はジンバブエコットンのデニム。

一度インディゴで染めたデニムに墨染めのブラック仕上げ。



これがどうなるか?

洗いをかけて行くほど穿きこむほどに下地のインディゴが覗いてくるので最終的にはブルーブラックに変化。

色のマジック。




「POCUS」

シルエットの常識。経年変化の常識。

まるで常識を無視したかのように、まるで手品を見ているかのような、だけど本物を知っているからこそ出来る他と違うコリーナのスタイルです。


brand/colina〔コリーナ〕

product/POCUS wide trousers〔ポーカスワイドトラウザーズ〕

fabric/indigo denim〔デニム〕

color/“sumi”-dye〔墨染めブラック〕

size/SML

price/24000+tax





入りました。

すでにコリーナの麻シャツをお持ちの方ならご存知かと思いますが、今回の麻も強めの糸を使っておりますから洗濯などで前立てや裾が丸まったりなどしませんので面倒なアイロンも不要です。

洗いざらいでよし。

色は3つで全て墨染め。

このあたりもコリーナユーザーの方ならもうすでにお馴染みかと。

 


それにしても今回のコリーナのリネンシャツ。

やっぱり最高です。

シルエットはさらに手を加えておりますから型紙を一から作り直してのリリース。型紙は使い回しません。

いつもよりも着丈を長めに取っており横幅も少しゆとりのある感じで、ですがしっかりとスマートに見えるからコリーナのパターンにはいつも驚かされます。


麻製品のイメージはナチュラル系に偏りがちですがコリーナのリネン物はマニッシュな雰囲気が出ておりますからとても男臭くてこれを着て酒場に出掛けたくなります。


光沢感があるリネン生地に墨染めのマットな色味。

一見ミスマッチな組み合わせとも思えるこのハーモニーで遅い春への期待が高まります。



【NEW!】

brand/colina コリーナ

product/band collar shirt  バンドカラーシャツ

fabric/linen 麻

color/sumi dey & logwood 墨染め二色 & 草木染め

size/SML

price/22000+TAX





コリーナのモールスキンが奇跡的に若干数入荷。

昨年から始まったコリーナのアトリエコートシリーズ「第4弾の生地」。それが2枚入荷しました。


モールスキンを使ったワークコートはインポートブランドも含めても注目アイテム。

ですからぜひ見比べて、そして着て比べて下さい。


専門的知識や経験なしで「こいつは違うぞ」と分かります。


コリーナが生地のスペシャリストと言われる所以はブランドを始める前にそれまで様々なブランドやセレクトショップの企画に携わり生地から提案していたから。


生地のスペシャリストが選んだのがこのモールスキンです。

 


brand/colina コリーナ

product/atelier coat アトリエコート

fabric/moleskin モールスキン

color/“sumi dye” charcoal 墨染めによるチャコールグレー

size/L

price/54000+tax