RIDING HIGH/ライディングハイ

メランジェドクター 世界が認めた “ 杢 ” のスペシャリスト


「MELANGE DOCTOR」
そう呼ばれたのは年に2度、世界中のブランドとバイヤーが集うParisの展示会での出来事。
始めて海外進出した数年前、RIDING HIGHのブースに訪れたバイヤー達から初めて目にするスウェット&カットソーを前に「MELANGE DOCTOR!」と最高の評価を受ける。
その瞬間「スウェットブランド」として生きていく事を決める。

MELANGEとは、混ぜ合わせる、混合物などの意味合いでこの場合いわゆる「撚り杢(よりもく)」の事を指します。

ライディングハイの頭脳「薄 新大」氏。
ヴィンテージウェアを愛しその中でもひときわヴィンテージスウェットに魅了され、それらの仕様や手法を研究。メランジェドクターと呼ばれるだけあり杢が代名詞。
その杢を追求する為、糸のブレンドやその配合率や量によって色や表情が変わる事を研究。
そうして出来上がった杢カラーは唯一無二。
さらにベーシックなスウェットやカットソーや色に限る事がなく、春夏はシアサッカー生地、秋冬はツィードやフリースなどをジャガードなどスウェット素材で様々な生地をオリジナルで発表。
製作前は生地となった時の仕上がりを何度とイメージし、それからようやく糸から選ぶ事から始める。
探求を重ねて出来た独自のレシピを元に、生地職人との入念な話し合いを重ね時間をかけて信頼関係を築き、そうして出来上がった生地はデザイナーと職人の共同作業によるどこにもない表情豊かで美しい杢を作り出しています。

スウェットブランドとして生きる事。
カットソーでモノ作りをする。
それはRIDING HIGHのプライドです。